演劇・ライブ撮影をするなら、一眼レフとミラーレス一眼はどちらが良いの?

演劇やライブ写真を撮るためのちょっと良いカメラを買う場合、まず思いつくのがレンズ交換式のカメラかと思います。

レンズが交換できないコンパとデジタルカメラでも綺麗な写真が撮れて使いやすいものはたくさんありますが、様々な撮影環境に対応することを考えると、レンズ交換式のカメラを選んだ方が良いです。

さてこのレンズ交換式のカメラですが、大きく「一眼レフ」か「ミラーレス一眼」の2種類に分けることができます。

この二つのメリット・デメリットを、演劇・ライブ撮影用という軸で検討してみましょう。

一眼レフとミラーレス一眼の違い

そもそも一眼レフとミラーレスはどう違うのでしょうか?

ミラー「レス」というくらいですから、ミラーレスカメラには「ミラー」と呼ばれるものが入っていません。
ミラーレスカメラの特徴はその薄さと軽さにありますが、これは一眼レフからミラーを取り除いたために実現したものです。

この一眼レフのミラーは、レンズから入ってきた像をファインダーでそのまま見れるようにするためのもの。

つまりミラーレスではファインダーで直接像を覗くことができません。この点には少し注意する必要があります。

その他の違いは、基本的にこのミラーの有無に由来します。それぞれの違いをみていきましょう。

大きさ・重さ

上にも書いたように、ミラーレス一眼はミラーが無い分、同ランクの一眼レフカメラと比べると圧倒的に薄くて軽いです。

機材が小型化すれば持ち運びが楽ですし、撮影中の疲れも減ります。ずっとシャッターチャンスを狙ってファインダーを覗き続ける演劇撮影では、この軽さは非常に大きなメリットとなります。

しかし薄くて軽いのにも弱点はあります。小さなレンズを使う分には問題ないのですが、大きくて重いレンズを使う場合は、ボディとのバランスが悪くなってしまいます。特に望遠レンズは大きいものが多いので人によっては安定して持つことが難しいと思います。

このあたりは、実際に量販店に行って触ってみることをおすすめします。

ファインダーの違い

一眼レフにはなぜミラーが入っているかというと、レンズから入ってきた像をファインダーで見るためです。ゆえに、レンズとファインダーの位置が一直線上にないのに、レンズから入ってきた光をそのままファインダーで確認することができるのです。

ミラーレスにはミラーがありませんから、そのままの像を見ることはできません。価格帯の安いミラーレスに関しては、ファインダーが無いものもあります。ファインダーが無い場合は背面モニターで像を確認することになります。

ミラーレスにもファインダーが搭載されているものもありますが、これはEVFと呼ばれるものです。直接見ることはできないので、背面モニターに表示されているものと同じものをファインダーに表示しています。

EVFは光をそのまま見ることができないため、実際よりやや遅れて表示されます。普通に撮影する場合には全く気にならないレベルですが、動きの激しいものを撮る場合には、撮りたいシーンでシャッターを切ると若干遅れてしまう場合があります。また、慣れるまでは多少違和感があります。しかし慣れてしまえば見た目は問題ありません。

それにEVFにもメリットがあります。一眼レフのファインダーは見たそのままの映像を見ることができますが、実際に写る写真はカメラの設定を反映して、暗くなったり明るくなったりします。これはシャッターを切ってプレビューを見てみるまではわかりません。

しかしEVFは、カメラの設定を変更するとファインダーで見える像も変わっていきます。これによって、直感的にシャッターを切ることができます。

電池持ちの違い

ミラーレス一眼は、一眼レフと比べると圧倒的に電池持ちが悪いです。同性能なら、2/3〜半分くらいの電池持ちだと思っておいていただいた方が良いかと思います。

なぜ電池持ちが悪いかというと、ミラーレス一眼はEVFや背面モニターに常に映像を表示するため。1日中使っていると、ちょっと心許ないものが多いです。

しかしこの欠点については、予備のバッテリーを持つことで解決します。このあたりは、予算や持っていく荷物にあわせて調整しましょう。

無音シャッターが切れるかどうか

演劇撮影においては、これが最も重要なことかもしれません。

一眼レフカメラは、シャッターを切った瞬間にミラーを跳ね上げて撮影します。このときに、どうしてもシャッター音が出てしまうのです。静音シャッターを備えた一眼レフカメラもありますが、静かなシーンではシャッター音が目立ってしまいます。

一方でミラーレスカメラはミラーがないので、無音シャッターを切ることができます。ただし機種によってはシャッターが切れない場合もありますので、購入する前に十分ご確認ください。

演劇撮影では、基本的にシャッター音が鳴るような撮影はできないと考えた方が良いでしょう。ライブなど周りでかなり大きい音が鳴る場合は大丈夫かもしれません。しかしいずれにせよ、無音シャッターを切ることができれば周囲に迷惑をかけることなく撮影が可能です。

もし一眼レフで無音シャッターを使いたいということであれば、NikonのD850が設定を変更することでサイレントシャッターを使うことができます。

しかしこちらは上位機種なので、お値段もそれなり……といった感じです。僕が使っているミラーレスFUJIFILMX-T20は、半分以下のお値段で買うことができます。もちろん無音でシャッターを切ることができます。ご参考までに。

マニュアルフォーカスでのピント合わせ

レンズの焦点を合わせる方法には、オートフォーカスとマニュアルフォーカスがあります。

新しいレンズは基本的にオートフォーカスに対応しています。つまり、カメラ側の設定で自動的に焦点を合わせることができます。

しかし古いレンズにはマニュアルフォーカスにしか対応していないものもあります。また、現代のレンズでも特殊な機構を持っているものの中には、マニュアルフォーカスしかできないものがあります。

そんなマニュアルフォーカスのレンズを使うときに便利な機能がミラーレス一眼には搭載されています。それが「ピーキング」という機能です。

ピーキング機能をONにすると、背面モニターで焦点が合っている箇所を確認することができます。赤く光っているところを見ながら焦点を合わせれば良いので、マニュアルフォーカスも簡単に扱えます。

演劇・ライブ写真ではオートフォーカスのレンズを使わないと被写体を捉えるのが難しいので、あまりマニュアルレンズを使うことはないかもしれません。しかし稽古風景の撮影やポートレート、スナップで使わないとも限らないので、覚えておくと良いでしょう。

まとめ

僕はこれまで、3種類のカメラを使ってきました。

Canon EOS kiss X7…APS-C一眼レフ

Canon EOS 6D MarkⅡ…フルサイズ一眼レフ

FUJIFILM X-T20…ASP-Cミラーレス一眼

その経験からいくと、これから演劇の撮影をする方は間違いなくミラーレス一眼を購入するべきです。

一眼レフにも様々な魅力がありますが、本番の撮影ができないというのはやはり大きなデメリットになります。

ゲネや稽古写真に限って撮るという場合は一眼レフが便利な場面も多くありますが、オールマイティに使うならミラーレス一眼を買うのがおすすめです!